Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_name() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 155

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_title() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 162

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_description() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 169

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_long_description() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 176

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_features() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 192

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_pricing_for_ui() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 208

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_manage_url() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 225
酔拳2 MY-124

酔拳2 MY-124

作品紹介

公開年月  1994/02/03
ジャンル  カンフー/コメディ
原作  なし
監督  ラウ・カーリョン
脚本  エドワード・タン、トン・マンミン、ほか
製作  エリック・ツァン、エドワード・タン、ほか
製作国  香港
鑑賞方法  購入DVD

あらすじ

“酔拳”の型をマスターしたウォンは高名な軍人武道家・フクと知り合い、中国皇帝の”翡翠の印象”掠奪事件に関わることになる。しかしそこにはイギリス領事一味の陰謀の影が…。

登場人物&出演者

ウォン・フェイフォン(演:ジャッキー・チェン)
リン(演:アニタ・ムイ)
ウォン・ケイイン(演:ティ・ロン)
フク・マンケイ(演:ラウ・カーリョン)
ツァン(演:フェリックス・ウォン)
ジョン(演:ロイ・ホイクォン)
ヘンリー(演:ホスン・パク)

感想

個人的な評価

本作は続編となっていますが、事実上は別の作品であります。
継承しているのは父親と酔拳の設定だけで時代設定はまったく違うらしいです。
まあ、第一作の方は酔拳という武術を世間に認知してもらう為に作られています。
で、本作については酔拳は既に世間でも知られているのでドラマ部分を強化している。
ジャッキー・チェン主演の映画は決まってコミカルさとカンフーの見せ所が融合しています。
これが何度観ても飽きないという作用を生み出しているとオイラは思う。
確かにどんな映画をやってもジャッキーはジャッキーです。
アジアで最も成功した俳優だとオイラは思いますね。
さて、内容の方は中国の国宝に関わる事です。
ジャッキー・チェンが演じるウォン・フェイフォンという人物は実在した武術家で、中国でも英雄的な人物であります。
酔拳を使ったのかは分かりませんが、彼に関する映画は多数製作されたらしいです。
そんなジャッキーが演じるフェイフォンはひょうんな事からフク・マンケイの遺志を引き継ぐ形になります。
この映画の成功はジャッキー・チェン主演という事もありますが、何よりしっかりとしたドラマがあるからだと思います。
特にフェイフォンと父親の関係性は上手く作られていると思います。
息子に厳しい父親だが、その厳しさの裏には息子に対する愛情があるという。
ここら辺の描写は単なるカンフー映画でありがちな設定の弱さを充分にカバーしている。
あくまでメインがアクションシーンですが、この人間ドラマがしっかりしている分、アクションシーンは活かされていると思います。
時代背景もかなり興味深く、当時の中国を知る術として悪くない作品でもありますね。
それにしても、アクションシーンは非常に魅力的です。
もちろん、ジャッキー・チェンの使う酔拳はキレが良く、単にコミカルな演技をするだけではない。
この映画のおかげで一気に酔拳は広がり、様々なメディアで取り上げられるようになりました。
とは言っても、オイラ的に酔拳は実戦向きではない武術だと思ってしまうのです。
しかし、ジャッキー・チェンの酔拳は実に面白おかしく、そして格好良く演出されています。
クライマックスでは相手の本拠地に乗り込みますが、そこでもアクションシーンは目が離せません。
ラストボスとなる足技使いの武術家は見ていて華麗であります。
あの素晴らしい足技やバランス感覚はジャッキー・チェンさえも食ってしまうぐらいでした。
で、ラストシーンですが、本作に関して尻切れトンボになっています。
その理由は本来のラストシーンを削除したからです。
本来のラストシーンではフェイフォンが酒を飲みすぎたせいで頭がおかしくなっている。
これはブラックジョーク的なニュアンスでの結末ですが、さすがに不評だったらしく削除したのです。
さすがに国宝を救った主人公が最後に頭がおかしくなるのはちょっと引いてしまいますね。
まあ、それを削除しているので作品の完成度は高くのは変わりありませんけど。
本作に関して今さらオススメするような事はないでしょう。
まさか観ていない人なんていないと思いますので。