Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_name() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 141

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_title() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 148

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_description() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 155

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_long_description() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 162

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_features() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 169

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_pricing_for_ui() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 176

Strict Standards: Static function Automattic\Jetpack\My_Jetpack\Product::get_manage_url() should not be abstract in /home/akishige777/akishige777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/jetpack_vendor/automattic/jetpack-my-jetpack/src/products/class-product.php on line 183
エルム街の悪夢/2010年版 RE-1150

エルム街の悪夢/2010年版 RE-1150

作品紹介

公開年月  2010/04/30
ジャンル  ホラー/スプラッター
原作  ウェス・クレイヴン 『エルム街の悪夢』(リメイク)
監督  サミュエル・ベイヤー
脚本  ウェズリー・ストリック、エリック・ハイセラー
製作  マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ほか
製作国  アメリカ
鑑賞方法  レンタルDVD

あらすじ

エルム街の幼稚園で園児たちが性的な悪戯を受ける事件が発生し、容疑者としてフレディ・クルーガーの名前が挙がった。
フレディは無実を主張するも、なんの証拠もないまま親たちによって生きたまま火あぶりにされてしまう。
時は経ち、ナンシー、クエンティン、ジェシー、クリス、ディーンの五人は同じ悪夢にうなされ、その中の一人が夢と同じ死を遂げた事で悲劇が始まるのだった。

登場人物&出演者

ナンシー(演:ルーニー・マーラ)
主人公。ダイナーでいつも週末働いている。ナンシーに好意を抱いているも言えずにいる。
ルーニー・マーラは代表作に『ソーシャル・ネットワーク』、『キャロル』などがあります。
悪夢にうなされていて、ディーンがフレディに殺された事をついて真実を知っていた。
なんとか眠らないように音楽を聴いて絵を描いていたが、クリスの訃報で本格的に調べる。
フレディの正体を知って悪夢から現実世界に連れ戻そうとクエンティンと作戦を立てる。
最後は悪夢世界からフレディを連れ出し、喉を切り裂いて燃やしてなんとか倒して生還する。

クエンティン(演:カイル・ガルナー)
ナンシーの友人。いつも週末働いているナンシーのダイナーで食事をして顔を見ている。
カイル・ガルナーは代表作に『エクトプラズム/怨霊の棲む家』、『ザ・ブリザード』がある。
友人たちが早く声をかけるべきだと急かされるが、彼女を前にすると何も言えずにいる。
悩み事を持っているナンシーの相談になると持ちかけるが、結局はデートに誘えないまま。
悪夢についてナンシーとともに調べると、フレディの隠れ家を見つけて対決を挑む事に。
最後はフレディに何度も切り裂かれてしまうが、ナンシーと協力して現実世界で見事倒した。

ジェシー(演:トーマス・デッカー)
ナンシーの友人。クリスに好意を抱いている。一度告白するもディーンのせいで振られた。
トーマス・デッカーは代表作に『スタートレック/ジェネレーションズ』、『光る眼』がある。
ディーンが自殺を遂げて葬式に参列すると、混乱していた彼女をなんとか励ましていた。
恋人の死で落ち込んでいたクリスを励ますとともに、彼女との片想いをなんとか成就させる。
クリスがフレディの悪夢で殺されると容疑者として逮捕され、眠らないようにしていた。
最後は悪夢の世界に連れ出され、そこでフレディに捕まって拷問の末に惨殺されてしまう。

クリス(演:ケイティ・キャシディ)
ナンシーの友人。ディーンと付き合っていて、最近変わっていた彼の様子を心配していた。
ケイティ・キャシディは代表作に『ストレンジャー・コール』、『96時間』があります。
目の前でディーンが自殺をしてしまい、葬式で小さい頃に彼と一緒に写った写真を目撃する。
高校で出会っていたはずのディーンだったが、その写真が気になって悪夢を見る事となる。
授業中で居眠りをしてフレディの悪夢を見てしまい、ジェシーに相談するも信じてもらえず。
最後は悪夢を見ると、フレディが現れて部屋中に叩きつけられて爪で切り裂かれて死亡。

ディーン(演:ケラン・ラッツ)
ナンシーの友人。クリスの恋人。ずっと眠っておらず、ずっとフレディの悪夢を見ていた。
ケラン・ラッツは近年の出演作に『OSIRIS/オシリス』、『エクストラクション』がある。
なんとか眠らないようにしていたが、ついにダイナーで眠ってしまい悪夢に囚われてしまう。
最後は心配するクリスの前でフレディの力で自らナイフで喉を刺してそのまま切り裂いた。

フレディ・クルーガー(演:ジャッキー・アール・ヘイリー)
エルム街の連続殺人鬼。生前はナンシーや友人たちの幼稚園の住み込みの庭師として勤務。
ジャッキー・アール・ヘイリーは近年の出演作に『アリータ:バトル・エンジェル』、『エンド・オブ・キングダム』などがあります。
眠っている人間の夢に入り込んで悪夢を見せ、右手にはめた鉄の爪で恐怖を与えて惨殺する。
過去に幼稚園児たちに性的な悪戯をして、それを知った親たちによって焼き殺された。
お気に入りだった幼稚園児たちを次々と襲い、最後はナンシーを狙ってしつこくつきまとう。
最後は現実へ連れ出そうとしたナンシーと対決して倒されるが、再び復活を遂げてしまう。

感想

個人的な評価

本作は1984年に公開されたウェス・クレイヴン監督の『エルム街の悪夢』のリメイクとなっています。
配給は当然のようにニュー・ライン・シネマが担当し、製作会社はマイケル・ベイが率いるプラチナム・デューンズが務めています。
長年に渡って連続殺人鬼を演じてきたロバート・イングランドはすでに引退しています。
新たなフレディ・クルーガーとして、ジャッキー・アール・ヘイリーが新たにキャスティングされています。
ロバート・イングランドとは違ってジャッキー・アール・ヘイリーは小柄ながらも、新たなフレディ・クルーガーを演出している。
本作は1作目のリメイクという事で、定着したユニークな惨殺ではなく、あくまでシリアスな展開を中心に置いています。
その為に純粋なホラー映画として製作されているが、リメイク作品と言っても、フレディ・クルーガーの良さはあまり出ていなかった。
確かにジャッキー・アール・ヘイリーは気持ち悪い部分のフレディを出しているが、ロバート・イングランドと比べるとインパクトに欠ける。
やはり、ロバート・イングランドの作り上げたフレディ・クルーガーを打ち破るには壁が高すぎたと思います。
それにフレディ・クルーガーの顔の造形が気持ち悪くなり、ロバート・イングランド版と比べて迫力に欠ける部分があります。
いつものようにヒロインの一撃で呆気なく倒されるが、またも復活して続編を示唆します。
どうやらジャッキー・アール・ヘイリーは三部作の契約をしているが、未だに続編の情報がない事から企画が消滅したと言える。
残念ながらリメイクは失敗だという事になり、また製作するならリブートになるだろう。